花粉症の治療

花粉症とアレルギー

花粉症とアレルギー

人体の機能として、異物が体内に混入した時にはそれに対する防衛反応を持
っています。それが免疫力と呼ばれるものです。
免疫力がなければ、すぐに風邪を引いてしまうことになります。生命の危険
さえあるでしょう。しかし、この免疫力が過剰に反応してしまうこともあり
ます。これがアレルギーと呼ばれる症状です。
通常の人ならば何でもないものでも、アレルギー体質の人にとっては大変な
ことになります。花粉症も花粉に対するアレルギー反応です。
花粉症になるかどうかは、その人の体質に関係していると言われていますが、
明確なことはわかっていません。現代人に花粉症が多いと言うことも理由が
わからないのです。ただ言えることは、花粉症にならない人も多くいるので
す。
その違いを研究することによって、花粉症を解消するヒントが見つかるかも
しれませんね。しかし、現在の医学では花粉症を完全に解消する方法は見つ
かっていません。
対処療法で症状を和らげるか、地道な体質改善を進めるかと言う選択肢だけ
なのです。

花粉症への劇的な効果を持つ薬も存在しますが、副作用があるためにポピュ
ラーな対処法とは言えません。アレルギー反応を抑えることによって、花粉
症の症状を和らげることはできますが、頻繁に使用することによって、薬の
効き方が弱くなることが知られています。
したがって、1 シーズンを継続して同じ対策ではできないと言うことなので
すね。花粉症は毎年のように多くの人が耳鼻科に通院しています。それだけ
多くの患者がいるにも関わらず、解消法が確立されていないのは残念なこと
です。
花粉症とアレルギー

花粉症の薬

耳鼻科などで花粉症の症状解消のための薬を処方されることでしょう。これ
らの薬について考えてみましょう。
花粉症で処方される薬と薬局で販売されている薬があります。効果は同じで
はありませんから、それらの違いを知っておくことが大切です。
まず、抗アレルギー薬はヒスタミンの発生を抑制します。これにより花粉症
の症状を軽減することができるのです。効き目はそれほど強くありませんし、
副作用もないため、シーズン中に継続して服用している人も多いようです。
耳鼻科で処方される薬の代表的なものとしては抗ヒスタミン薬のアレジオ
ン、アレロックなどです。抗ヒスタミン薬の特徴としては眠気が強くなると
言う副作用があります。しかし、即効性が高いために外出時などで症状を抑
えたい時に効果的ですね。
市販薬もたくさんの種類があります。花粉症用とか鼻炎用と書かれているも
ののほとんどは抗ヒスタミン薬と考えてよいでしょう。
それから、ステロイド薬があります。これは副腎皮質から分泌されるホルモ
ンですが、これを薬として補充してやることで免疫系の反応を低下させるこ
とができるのです。

効き目は強力ですから、解消の効果を自覚することができるでしょう。しか
し、効果が出てくるまでに2 日くらいかかってしまうことが欠点ですね。強
力な分だけ副作用も強くなりますから、継続的な使用は勧められませんね。
一般的には点眼液などに少量を含ませることになります。一時期流行した処
方として、ステロイドを注射で注入する方法がありましたが、現在は主流で
はないようです。
花粉症とアレルギー