花粉症の治療

花粉症の治療

花粉症の治療

花粉症で悩んでいる人は多いのですが、その症状を解消できている人は少な
いのが現状です。抜本的な解消を目指すためには病院で治療を受ける必要が
あります。花粉症の治療の現状について考えてみましょう。
まず、インターネットで調べてみると花粉症に関するたくさんの情報がある
ことに気が付きませんか。
みんな、いろいろな方法で何とか治したいと思っているのです。しかし、方
法がたくさんあると言うことは、完全に解消する方法がないと言うことかも
しれませんね。
花粉症の症状を緩和するだけの場合と、根本的に症状を解消するとでは、や
り方が違います。そのことをまず認識しておきましょう。
治療法としては薬を処方してもらうことや注射による治療があります。それ
ぞれに長所短所がありますから、万能と言うわけではありません。
最近注目されているのがレーザーによる治療です。レーザーと言うのはいろ
いろな治療に利用されるようになりました。
美容クリニックなどでもレーザー脱毛とか聞きますよね。また、近視の治療
としてレーザーが使用されています。

レーザー治療では鼻の粘膜の表面を焼くことになります。つまり、粘膜が花
粉に反応しなくなるのですね。これならばアレルギー反応を起こしませんか
ら、花粉症特有の症状を抑えることができるのです。
薬を飲むことができない人に対して有効な治療と言えます。もちろん、粘膜
はまた再生しますから、毎年レーザーを照射する必要があります。このよう
に、現在の医学では花粉症の根本的治療はできていないのです
花粉症の治療

花粉症と点鼻薬

花粉症を持っている人にとっては、花粉の季節は非常につらいものがあるで
しょう。その症状を少しでも解消することができれば日常生活が楽になりま
す。そのための点鼻薬は耳鼻科で処方されたり、薬局で市販されています。
点鼻薬での症状の解消について考えてみましょう。
まず、点鼻薬の使い方です。花粉症はかかり始めの対応が重要だと言われて
います。初期の治療は花粉が飛び始める2 週間くらい前から抗アレルギー剤
を服用します。
内服薬が基本ですが、それだけでは効果が見られない場合に点鼻薬を使用し
ます。しかし、軽症の人の場合は点鼻薬だけでも十分、症状を和らげること
ができるようです。
点鼻薬に含まれるのは抗アレルギー剤ですが、ステロイドを使用する場合も
あるようです。鼻の中に薬を噴霧する方法は、花粉症の症状を解消してくれ
ます。しかし、それは一時的なものに過ぎません。
また、注意しなければならないのは習慣性になってしまうことです。市販の
点鼻薬には血管収縮薬が含まれており、粘膜の下の血管を収縮させることで
効果が表れる仕組みになっています。

頻繁に使っていると効き目がなくなるだけではなく、症状が悪化してしまう
こともあるのです。点鼻薬の用法には1 日1,2 回程度と書かれています。
これを守ることが大切です。
また、継続する期間は2 週間を限度とすべきでしょう。花粉症の症状を解消
したいと言う気持ちはわかりますが、むやみは点鼻薬の使用は避けなればな
りません。
花粉症の治療

花粉症と季節

自分が花粉症だと自覚しているのであれば、花粉症の季節を把握しておくこ
とが大切です。花粉症の症状が出る前から対策をしておくことで、症状の解
消を図ることができるからです。
一般的に抗アレルギー剤を使用しますが、花粉が飛び始める2 週間くらい前
から服用し始めるのです。これによって初期の花粉症を抑えることができま
すから、結果としてかなりの症状緩和ができるのです。
さて、花粉が飛び始める時期は花粉カレンダーなどによって知ることができ
ます。また、天気予報などの時にも花粉の飛散状況を知らせてくれるように
なりましたね。
一番ポピュラーなスギは2 月から5 月にかけて一番花粉を出します。その他
にも品種によって少しずつずれています。アレルギー反応を示す花粉につい
ての情報を細かく調べておきましょう。
イネで花粉症になる人もいますが、その場合は7 月から9 月です。いろいろ
な花粉を考えますと、1 年中何かの花粉が飛んでいることになります。
もちろん、寒い季節や梅雨の時期などは花粉が飛びにくい状況となりますか
ら、それほど心配することはありません。病院に行って、自分の体質がどの

ような花粉でアレルギー反応を起こすのかを調べてもらいましょう。
すべての花粉に反応するわけではないからです。現代人の生活習慣や食生活
が変わったことで、花粉症の人が増えたと考えられています。しかし、具体
的な解消方法があるわけではありません。対処療法を気長にやっていくしか
ないのですね。
花粉症の治療

花粉症のサプリ

花粉症の症状を解消するための薬としては抗ヒスタミン剤が有効です。ヒス
タミンがアレルギー反応を起こすアミノ酸です。このヒスタミンの働きを抑
えることによって、アレルギー反応が弱まりますから、結果として症状を解
消することができるのです。
最近の抗ヒスタミン剤は第2 世代と言われています。これは第1 世代に比べ
て副作用が少なくなった薬です。効果は同じです。
このような薬は花粉症の症状が出た時使用するものですから、根本的な治療
法とは言えません。そのため、花粉症にならない体質を作ると言う考え方に
基づく治療法も考えられています。
市販されているサプリメントの中にもそのような考えのものがたくさんあ
ります。ヨーグルトなどの乳酸菌を含んだものや、レンコンの成分を含んだ
ものなどがポピュラーでしょうか。
簡単に花粉症を解消することは難しいのですから、日々の努力をするしかな
いのです。サプリメントを飲んですぐに効果が出ることを期待してはいけま
せん。
世界的に見てもサプリメントによる花粉症の予防は注目されています。対処

療法だけでは、どうにもならないことがわかってきたからです。また、現代
人に花粉症が多くなっていると言う事実から、体質改善によって花粉症を克
服できると考えが浸透してきているのです。
花粉症対策として販売されているサプリメントには対処療法のためのもの
と体質改善のものがあります。それらの役割を十分理解して、服用するよう
にしましょう。
花粉症の治療

子どもの花粉症

日本人の4 人に1 人が花粉症で悩んでいるそうです。花粉症を解消するため
の方法がインターネットでたくさん投稿されています。これらの情報を元に、
自分に合った解消法を見つけたいものですね。
さて、大人の場合はある程度の薬なら服用することができますが、子どもと
なると大人と同じと言うわけにはいきません。子どもの花粉症対策について
考えてみましょう。
子どもの花粉症はいくつくらいの年齢から始まるのでしょうか。
もちろん、子どもでも個人差がありますから、一概には言えませんが、幼稚
園ぐらいの年齢でも花粉症になってしまう子がいます。これくらいの年齢で
は免疫力が弱いですから、花粉症の症状が重くなるケースもあります。
また、自分では花粉症をうまくコントロールできませんから、お母さんが細
やかな気配りをしなければなりませんね。花粉症を抑制する効果が強い薬は
子どもに使うことはできません。そのために子どもの花粉症ケアは難しいと
言わなければなりません。
薬を使わずに花粉症を解消することを考えるのです。基本は大人と同じ対処
法となります。つまり、花粉が体内に入るのを極力防ぐことと、体質改善に

取り組むことです。
子どもの体質はお母さんの体質の影響を強く受けています。したがって、お
母さんが花粉症の場合には子どもが花粉症になる可能性が高いと考えてお
きましょう。
子どもが外から帰ってきたら、うがい手洗いを必ずさせてください。また、
洋服や布団などを屋外に干した時には、花粉を落としてから取り込むように
します。また、子どもは嫌がるでしょうがマスクをつけることは有効な手段
となります。
花粉症の治療

花粉症と体質

花粉症の対策として体質改善の話をよく聞きますよね。これは体質を改善す
れば花粉症を解消できると言うことです。一般に花粉症の薬は症状を和らげ
るためのものです。花粉症を解消してくれるわけではありません。
アレルギー体質と言う言葉が意味するように、体質の違いによって花粉症に
なる人とならない人がいるのです。アレルギー体質から、アレルギーのない
体質に変えることができれば花粉症を解消できることになります。
花粉症になりやすい体質とはどのような体質でしょうか。
外部からの異物に対して過剰に反応することがアレルギーですから、埃など
でもすぐに咳き込む人がいますよね。これも花粉症の予備軍と考えてよいで
しょう。
また、体質は遺伝しますから、親が花粉症であれば子どもも花粉症になりや
すいと考えるべきです。最近では子どもの花粉症が増えていると言う調査も
あります。花粉症の低年齢化が進んでいるのです。
しかし、体質を改善することができれば、花粉症に対して耐性を持つことが
できます。免疫力の低下が、花粉症の増加の一因と言われています。日頃か
ら清潔なことに慣れていると、ちょっとした異物にも過剰に反応してしまう

のです。
昔の日本では埃や雑菌は至るところにいました。生活の中でアレルギー反応
を起こしていては、生活が成り立たなかったのです。
そのような生活をしていると自然と免疫力は高まります。このために花粉症
になることはなかったのです。現代人がきれいさを求めた結果とも言えるの
です。
花粉症の治療

こちらもどうぞ